機械電気工学科

Topics2020/10/06

【若林研究室】学部生:白川君による学会発表(第72回電気・情報関係学会九州支部連合大会)

  • d1
  • d1
  • d1
  • d1
  • d1

令和2年9月26日から27日の期間、国内学会「2020年(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会」がオンライン形式で開催されました。
本学会は、電気や情報関係の複数の学会が主催しており、九州内の大学や企業の研究者が参加する大規模な学会です。


若林研究室から学部4年生4名と大学院2年生1名が本学会で発表を行うことができました。
今回は、学部生4年生の白川巧真君(本学工学部機械電気工学科、鹿児島県立種子島高校出身)の研究について紹介します。


今回、発表した内容は・・・。
■■発表タイトル■■
「磁気光学センサを用いた方向性電磁鋼板の磁区観察の基礎的検討」

■■著者(所属)■■
1st「白川 巧真」(本学工学部機械電気工学科)
「若林 大輔」(本学工学部機械電気工学科准教授)
「岡 茂八郎」(本学工学部機械電気工学科特任教授)
「榎園 正人」(本学工学部機械電気工学科特任教授)

■■研究テーマ概要■■
モータ等の電磁力応用機器内部には鉄心があります。主に電磁鋼板が使用されています。一般に強磁性体と呼ばれ、磁性を示す理由として内部に磁区と呼ばれる小さな磁石の集合体を有しています。磁区構造の変化が磁性材料の磁気特性と強く関係しています。本研究テーマは今年から新しく設定し、学生とともにセンサや照明、一眼レフカメラの活用などを選定、吟味し綺麗な磁区画像を得ることができました。その原理と構築した磁区観察システム、得られた磁区観察結果について報告しました。今後は磁場を与えた場合の磁区の変化について検討を進める予定です。



★★機械電気工学科 准教授 若林大輔☆☆

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • NBU日本文理大学受験情報サイト