機械電気工学科

TEACHER Introduction

クローズアップ "先生"
─ 先生の本当の姿に迫る ─

高効率なモーターの可能性は 無限に広がる。

PROFILE若林 大輔准教授工学部 機械電気工学科

  • 趣味●トランペット・・・高校時代から吹いています。最近は吹く機会も少なくなりましたが、時間ができたら楽団にでも入ろうかと考え中です。
    ●一眼レフカメラ・・・写真を撮るのが好きで、学会で海外に行く機会があり、一眼レフカメラに手を出してしまいました。写真の技術はありませんが、少しでも良い画質で思い出を残したいと思っています。ちなみに、シャッター音の好みでNIKON派になってしまいました。

  • 職業病 研究室にこもることが多いので、3食以外に間食、夜食をついつい食べてしまいます。また、深夜帰宅途中にマクドナルドに行くかどうか葛藤してしまい、大体負けます(笑)

何を教えてる先生?

電磁気学・磁気工学

次世代電磁応用機器の開発に向け、モーターや変圧器などの磁気的な損失や振動を減らす研究に取り組んでいます。日本のものづくりの発展には高効率なモーターの開発が欠かせません。JAXAとの共同研究など高度な研究を通じて、この国を支える技術を追求していきます。

どんな先生?

学生の声
  • 会うたびに話しかけてくれるフレンドリーな先生です。

  • おっとりして優しい先生で、若い先生なのですごく話しやすいです。

  • 研究にストイックで電磁気学が大好き。

  • とても面倒見がよく、若くて優しい先生です。

  • 先生の若い頃の失敗談を赤裸々に話してくれたりして、参考になる話をたくさんしてくださいます。

  • 学生と一緒に研究に没頭し、夜中まで残ってくれることも。

  • 講義以外でもよく相談にのってもらっています。

先生の1日

〜若林先生のある日〜

先生のルーティン

テレビを見る習慣がなくなってしまったので、毎朝、Yahoo!JAPANの動画ニュースや
NHKのWEBニュースから時事ニュースを見るようにしています。

先生のスケジュール

  • 8:00 起床
    車での通勤も楽しみの一つ。

  • 1日の準備
    一日のスケジュールを時間単位で立てます。
    メールチェック、ニュースの確認、授業準備、研究計画。

  • 12:00 昼食
    最近は学食で食べることにしています。小鉢をあれこれ取っても値段が高くないんです。

  • 13:00〜 講義・ゼミ
    担当科目は「電子回路」「電磁気学」「電気電子基礎実験」等。
    研究室の学生と研究活動を共に行い、
    研究方針や結果に対しディスカッション。

  • 研究活動
    実験や結果の分析、論文執筆。

  • 研究活動
    夕方以降は他の研究室が活動していないため静かで、
    電磁ノイズが少ない等、研究には重要な時間帯であったりします。
    論文締切や学会出張が近くなると、日付が変わって帰ることや徹夜の日も多くなります。

若林先生の『コトバ』

与えられた使命に対し最終的には結果を出さないといけない訳ですが、その過程において、失敗して落ち込んでも、「なんとかなる!!なんとかする!!」の精神で「必ずやり遂げてみせる」という前向きにさせる言葉です。

フォトギャラリー

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • NBU日本文理大学受験情報サイト