機械電気工学科

Topics2020/10/06

【若林研究室】学部生:菅君による学会発表(第72回電気・情報関係学会九州支部連合大会)

  • d1
  • d1
  • d1
  • d1
  • d1

令和2年9月26日から27日の期間、国内学会「2020年(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会」がオンライン形式で開催されました。
本学会は、電気や情報関係の複数の学会が主催しており、九州内の大学や企業の研究者が参加する大規模な学会です。


若林研究室から学部4年生4名と大学院2年生1名が本学会で発表を行うことができました。
今回は、学部生4年生の菅亮誠君(本学工学部機械電気工学科、長崎県立長崎工業高校出身)の研究について紹介します。


今回、発表した内容は・・・。
■■発表タイトル■■
「磁路形成コアとステータ巻線を利用したアウターロータ型ステータコアの磁気特性評価の基礎的検討」

■■著者(所属)■■
1st「菅 亮誠」(本学工学部機械電気工学科)
「若林 大輔」(本学工学部機械電気工学科准教授)
「岡 茂八郎」(本学工学部機械電気工学科特任教授)
「榎園 正人」(本学工学部機械電気工学科特任教授)

■■研究テーマ概要■■
ドローンの普及に伴い、ドローンの様々な活用が想像されています。個人利用(おもちゃ産業)から産業分野(宅配や空飛ぶクルマ、インフラ検査等)まで。そのため、ドローンの活動時間の延長が求められています。上空を飛行するためバッテリ駆動であり、大容量のバッテリと低消費電力のモータが必要になります。モータは更に小型高出力な特性も要求されます。ドローン用モータとしてアウターロータ型モータが使用されています。外側の永久磁石が回転する構造です。本研究ではドローン用モータであるアウターロータ型モータのステータコアに着目し、その磁気特性評価を新しい手法を用いて測定を行います。その原理と測定システム、測定結果について報告しました。今後は、コア材の材質による違いを比較検討する予定です。



★★機械電気工学科 准教授 若林大輔☆☆

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • NBU日本文理大学受験情報サイト