機械電気工学科

Topics2018/10/13

一木祭での技術展示(機械電気工学科)       16番 鉄道模型でメカトロニクスの世界を体験しよう!

  • d1

【予告】
10/13 14 に開催される一木祭に於いて、機械電気工学科(稲川研究室)の技術出展の一つに「16番 鉄道模型」があります。

「鉄道模型」は実際の鉄道を「忠実に縮小」して再現した「精密な動く模型」です。レールは金属製で、直流電圧を給電し、車両は車輪を経由して電力を得る事によりモータを回し、実際に動きます。模型線路を走行する鉄道車両の音はまさに本物です。

今回は市販の製品車両に加えて、学生達が自分たちの手で、「手作り」で作りあげようとしている途中の車両も展示予定です。

【レイアウト】
会議室を使って周囲長約12mサイズの「16番」三段高架橋 6車線を設置する予定です。

■高架橋
 ①研究室学生が3D-CADを使って設計
 ②そのデータをベクタデータへ変換してレーザー加工機へ転送
 ③厚さ5mmのMDFパネルをレーザー切断
 ④切断したパネル片を「嵌め合い」により「嵌合」します
   嵌合は「絞まり嵌め」という方法によります
   ボンドは一滴も使用しません
 ⑤これを30セット製作しました
 ⑥約4m×4mのテーブルの上に敷設して三段高架橋が完成します。
  (HOゲージ鉄道模型では世界初?!)

【路面電車】
 ・佐野公園に保存展示されている大分の路面電車を測量用レーザー
  スキャナで測量し、3Dデータにして.....
  引き続き工作中.......

【手作りマスコン(マスター・コントローラ)】
 ・学生がマイクロコンピュータを使ってなんと! マスコンを作ってしまいました! しかも彼らは機械電気工学科に所属する1年生です。1年前期の講義(ロボットプロジェクト入門1)で今年から新規導入されたマイクロコンピュータの技術を応用し、PWM制御を活かした6chマスコンを設計、電子回路を組む事で、6車線の車両を同時独立制御可能となります。
 ・引き続き進化中です. 追記→なんと鉄道ゲーム機用の「マスターコントローラ!」を入手し、マイクロコンピュータを組み込んで信号をとり、これを使って。。。!? 引き続き工事中。

【お知らせ 呼びかけ】
近隣にお住まいの方で、もし16番の車両や機関車などをお持ちの方がおられましたら、御持参および動かして頂く事ができければ幸いです。問い合わせ先稲川研究室inagawanh@nbu.ac.jp

※16番: 線路幅16.5mmの鉄道模型。Nゲージ(9mmよりも大きいサイズ)
※16番の車両を御持参される方へ
 御自分の車両は混在防止のためテープなどで目印をつけて頂きますよう
 お願い致します。また、破損などの責任は負えません事を御了承下さい。

※見学者の方へ
 見学者多数の場合は整理券を発行し、見学時間制限をする場合があります。
 手作りで精密な模型や市販の精密模型が動展示されます。小学生以下の
 お子様単独での見学はお控え頂きます様、お願い致します。
 また、静かに見学して頂きますようお願いいたします

記述 機械電気工学科稲川
  

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • NBU日本文理大学受験情報サイト