機械電気工学科

Topics2018/07/20

世界の深海と機械電気計測・メカトロニクス

  • d1
  • d1
  • d1
  • d1
  • d1

機械電気工学科2年生向け講義の中に「機械電気計測」と「メカトロニクス」があります。

機械電気計測では、約60名の受講生が機械や電気を含む様々な分野で使用されている計測に関わることや計測機器、計測と観察に至るまで幅広く学んでいます。

メカトロニクスでは、約70名の受講生がメカニクスとエレクトロニクス、さらにこれらの切り離せない分野およびシステムに至るまで広く学んでいます。

今回は、日本海洋事業株式会社深海技術部より、二等潜技士 田山雄大氏がゲストスピーカとして来訪され、上記二つの授業を関連付けた貴重なお話を頂く事が出来ました。

今回田山氏は、会社の業務内容に関する技術的な紹介と共に、「しんかい6500」のコパイロットとして勤務されていた時の話題も交えた内容でスピーチをされました。特に6500mの深海に有人潜水した時の感想や目にした不思議な世界の話、日本近海における地震・津波検知の為のセンサーを海底で設置し、そのセンサーの検出した信号によって緊急地震速報へ繋がっている話など、聞いているだけで息を呑むほどの話題の連続でした。

普段聞く事のできない仕事の内容や深海の事について学生達は終始興味津々で、夢のような世界の話が実は身近な事であり、また、努力をすれば自分の人生を変えられるという人生訓話のようなお話まで多岐に渡り、お蔭様で今までにないほどの授業の盛り上がりでした。
さらに授業が終わっても熱心に質問をしていた学生にはなんとサイン入りしんかい6500ストラップのプレゼントまでありました。!

私が最も感銘を受けたのは、田山氏は実は普通科高校の文系御出身で、海が好きでという所から想像を超えるような努力を積み重ねられて自分の夢をついに実現された点です。ですから授業を聞いた皆さんやこれから大学を目指す皆さんも努力できっと人生を変えられる可能性があるという事をお伝えしたいですね。

機械電気工学科では、各界で活躍されている方のお話を授業で取り入れるなど、大学ならではの取り組みを多く実施しています。
こうした普段の取り組みも折に触れて皆様に発信したいと考えています。その他、オープンキャンパスでは直接研究室を楽しく御覧頂きますので是非お越し下さい。!

記述 機械電気工学科稲川

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • NBU日本文理大学受験情報サイト